読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サイキンのプレイリスト

音楽

今年もたくさんの音楽との出会いがありましたが、なかでもこれは!グッ!という曲たちを集めてみた。
吐瀉物のような無秩序ではあるが、ぜひ聴いていただきたい。

①Mr.moonlight---The Beatles

f:id:aokidanchi:20161207235919j:image
♫ミスタぁぁぁぁぁ〜〜〜ムーンラぁぁぁぁぁイ〜〜
歌いだしでぐいっとコスモのかなた迄もっていかれる。シンプルに愉しめる1曲。

②嘲笑---北野武

f:id:aokidanchi:20161208000159j:image
これは名曲っすよ。北野氏の純朴である種のつたなさをもった叙情的でシンプルなおとなの童謡。
歌詞もよぶんなものがなくてカンタンな言葉だけで紡がれているんだけど、それも良い。バカみたいだけど泣けてくるね。

③銀色の道---華原朋美

f:id:aokidanchi:20161208000511j:image

いわずと知れたザ・ピーナッツの逸曲。
しかしここでは本家ではなく、華原朋美versionを推してゆきたい。
サビのハモリブブンの気持良さはある意味ドラッグで、聴いただけでツイっとアッチ側の世界にトリップしてしまいそうなのだ。なんだかんだ華原朋美はいいよね。生き残れっ!!

④アザミ嬢のララバイ---中島みゆき

f:id:aokidanchi:20161208000845j:image

この曲は彼女が高校生のときに既に存在していたとか、していなかったとか…
これはデビュー曲なんすが、この若さでこんな塩っぱい歌詞って書けるもんなんですかね。ここを原点とし、それからどんどん女としても歌い手としても凄みを増してくる彼女が、好きだ!

⑤ねこじゃらし---ゆず


f:id:aokidanchi:20161208001133j:image

さいきんのゆずは好きではないです(キッパリ)
でもこの頃のゆずの四畳半縁側つきの世界は、もっとたくさんのひとに知って欲しい。
サビの歌詞なんかね、

”ああ 胸が痛くなる
ああ どれだけ時間が流れても
僕らまたここで会えるさ”

だれもがこころにもっているとくべつな場所が思いおこされないでしょうか。

⑥ガソリンアレイ---浅川マキ

f:id:aokidanchi:20161208001451j:image

わたしはいつになったら浅川マキになれるのか。
幸せになればなるほど遠ざかっていくような気がします。
あんまりおおくは語りません。わかってもらえる人だけでいいの、マキの凄みは。

⑦でんき---hi-posi

f:id:aokidanchi:20161208001657j:image

hi-posiはどちらかというと性善説いぜんのアコースティックなかんじが好きなのであるが、今回はこのピコピコアルバムから1曲。でんき。
耳に馴染みやすいキャッチーでポップで、でもダークなぶぶんはしっかりとこびりつかせておる。サスガです。

⑧RIP=RELEASE---巡音ルカ

f:id:aokidanchi:20161208001924j:image

恥ずかしながらここでボーカロイドです。
一般人(とくにヲタさん)のプロデュース能力、アレンジ力、パワー、エナジーって侮れないなあと感じつつ、iPhoneにイヤホンを差し込むとまずこの曲を再生してしまうのでした。

⑨情熱の砂漠---近田春夫&ハルヲフォン

f:id:aokidanchi:20161208002159j:image

恋人におそわった近田春夫。ああ、タモリ倶楽部によく出演ている人…ただ音楽性は確かなようで、ニューウェイブ(というのか?!)と歌謡曲がミックスされていて心地いい。レコード欲しい。

⑩銃爪---ツイスト

f:id:aokidanchi:20161208002411j:image

なんだかんだで今年1番聴いた曲なのかも。どんなきぶんのときもあてはまる万能ピースの世良公則。イントロがかっこいいんだなこれが。パフォーマンス精神も文句無し。


まあだいぶ偏ってはいますが、これがいまのわたしの旬ですね。

願わくば来年もたくさんの素晴らしいアーティストに出逢えますように…

明日は仕事なのでそろそろ眠らねば…
ぐっない。